Monthly Archives: 6月 2008

常備菜(トモコ)

null

根菜類は、体を温め、腸を強くしてくれると
マクロビオティックでは考えます。

集中力と「根」気をくれる根菜類。

その代表がごぼう。

でも私は、ごぼうのレシピが少ないです。

お決まりのきんぴらにするか、
味噌汁やけんちんなどの汁物に炒めて入れるだけ。

ところが、丸煮という常備方法を本で見つけました。

こうしておくと、いつでもごぼうを食卓に出せて便利です。

そのままはもちろん。
ささがきにしてサラダにトッピングしたり。
醤油でさっと茹でたキノコやらとあっというまに交ぜご飯に。
最近のお気に入りは、シソの葉と梅と海苔巻きに。

梅雨で雨の日が続くと、
なんだか気持もどんよりする時があり、
ご飯どうしよう。。と思う日も。

そんな時。
あ、ごぼうの丸煮があった!
と助けられております。

作り方は簡単です。
ごま油で、泥っぽい臭いからいい香りになるまで中火で炒めて、
昆布とひたひたの水を入れ、水が約半分になるまで煮込みます。
あとは、醤油を入れて煮詰めるだけ。

たたいた梅を入れるとさっぱりして、暑い日でも食べやすいです。

これからの時期、外は暑くなりますが、
多くの屋内では冷房が強く、体が冷えがちです。

夏には重く感じる根菜類ですが、
工夫をしながら少しずつ忘れずにいただきたいです。

————————————————————————————————————————————-

【シナジープラス マクロビオティックブログ】

お世話になったもの(トモコ)

null

電子レンジと電気炊飯器を手放しました。

いざという時に必要なのではないか。
後悔するのではないか。
今までそんな思いがよぎって、
踏み出すことができずにいました。

でも、電子レンジで温めるより、
蒸し器を使った方がずっと美味しくて体に優しいです。

慣れるとそれが面倒でもなくなりました。

電気炊飯器は、玄米炊きの機能も何もなかったので、
ボソボソした玄米しか炊くことができませんでした。

なので、思い切って手放しました。

そうは言っても、ずいぶん助けられたのも事実です。

急いで帰宅して夕飯の支度をしていたとき。
もう何も作れないと思うくらいお腹が空いていたり、ヘトヘトだったとき。

朝起きて、あったかいご飯が炊けていたとき。

こう書くと名残惜しくもなりますが、
それらの恩恵は大きく、ありがたかったなぁと思います。

少し広々としたキッチン。
そのうち小さいオーブンだけはほしいです。

————————————————————————————————————————————-

【シナジープラス マクロビオティックブログ】

ひよこ豆のバーガー(トモコ)

null

最近、自宅で仕事をさせてもらっているので
その気になればいつでも料理ができます。

そうは言っても、日々のごはんはシンプルで、
茹でる、蒸す、炒めるなどが中心。

でも昨夜は、ひよこ豆の新たなレシピに挑戦したくて、
パラパラと本をめくり目に留まったのが
「ひよこ豆のバーガー」。

作ってみることに。

ひよこ豆を圧力をかけて炊くこと30分。(炊き過ぎました。。)
その間に、玉ねぎ、人参、さやいんげんをみじん切りにして、炒める。
炊けたお豆をマッシュして、野菜に加えて炒めて、塩と味噌で味付け。
バーガーの形を作り、フライパンで焼く。

たった4行なのに、時間がかかってしまいました。。
お鍋一つで完結するものばかりを作る私にとっては、
やや手の込んだ品です。

のんびり一人での夕飯。
ひよこ豆は、甘くてボリューム満点。

今朝、ヒロユキさんが食べたので、「バーガー」の感想を聞くと、
「お豆と思って食べるとおいしいよ。」と答えが。

どうやらバーガーには遠かったようです。

————————————————————————————————————————————-

【シナジープラス マクロビオティックブログ】

痛風との戦い4.帰国後血液検査(ヒロユキ)

null

●「我や」さんお弁当

「2日間速習NLP」セミナー10期生、
英語セミナー「最後の英語」12期生のクラスが終了しました。

今回もお弁当は「我や」さんのマクロビオティック弁当。
ご丁寧にメニューとその解説まで人数分添えてくださいました。

受講生の方からも大好評。
「我や」さん、いつもありがとうございます。

————————————————————————————————————————————-

●痛風との戦い4.帰国後血液検査

以前、留学中に「痛風との戦い」としてブログ記事をいくつか書きました。
(ご興味のある方は、ブログ内検索で「痛風」と入れていただくと記事が閲覧できます。)

肉と酒をやめてから痛風発作自体は全く起こらなくなったのですが、
尿酸値そのものは若干高めで8~9の間でした。(7以下が正常)

マクロビオティック留学から帰国して初めて血液検査に行ってきました。
結果は7.4。
留学前が8.3だったのでかなり下がったことになります。
ちなみに8未満になったのは薬を飲まなくなって初めて。

明らかにマクロビオティック効果。

実は、尿酸値を下げるためには、ありとあらゆるものを試しました。
・もろみ酢
・バナナ酢
・タルトチェリーサプリメント
・シェンピニオールエキス
などなど。

ネットで調べては購入し、一定期間摂取しました。
しかし、結論から言えば全く効果なし。
肉と酒をやめて体重が減っても尿酸値は下がらず。

その点では、今回マクロビオティックの生活を送って5ヶ月で
約0.9も数値が下がったことはすごいことだと思っています。

大きな要因はフルーツの摂取量が激減したことだと考えています。
「病気にならない生き方」を読んでから、毎朝フルーツを食べていました。
朝だけでなく、本に書いてあった通り、食前に頻繁に食べていました。
量にしてリンゴで言えば、毎日1、2個は摂取。

ただ、マクロビオティックではフルーツは陰性が強い食物であり、
果糖は単糖なので血液を酸化させます。
僕も今年に入ってマクロビオティックの生活を始めてからは
フルーツはほとんど食べなくなりました。

果物摂取に関しては様々な意見があり、正直言うと僕も迷っていたのですが
これで迷いが消えました。

ただ、まだ正常値からは若干オーバー。
ちょっと悔しいですが、おかげで今後も気を緩めることなく
マクロビオティックの食生活ができそうです。

目指せ7.0未満。

————————————————————————————————————————————-

【シナジープラス マクロビオティックブログ】
――米国クシ・インスティテュート留学体験記――

黒豆、再び(トモコ)

null

定期的に食べたくなる好物の黒豆。

今回は塩と醤油だけ煮てみました。

黒豆(1カップ)を手早く洗い、
水(3カップ)に少々の塩と醤油を入れ温め、そこに一晩漬ける。

翌日、ことこと超弱火で煮ること約2時間。
最後に醤油で味を調えて20分ほど煮つめて、できあがり。

シンプルですが、これで十分甘く煮れ、
土鍋を使うと一段と美味しくなることを発見。

普通、お豆を煮る時に塩や醤油を先に入れません。
硬くなってしまうのと、米飴などの甘味を加えたときに
甘さが浸透しないからです。

でも、甘味を使わないとき、
黒豆だけは、その性質を逆利用。

先に少々塩を入れると、皮がむけるのを防げます。

これを知ってからは、煮る時も安心。

おやつに黒豆があると幸せな気持ちに。
毎回煮方を変えていくのも、楽しみの一つです。

————————————————————————————————————————————-

【シナジープラス マクロビオティックブログ】
Mail order Canada pharmacy tablets online. Trusted source for buy cialis online (,$ purchase cialis super active works with a drugstore. More than 30,000 medicines and health products, 100% of the goods are certified. Buy in the online pharmacies *#. order brand cialis very low prices for all drugs. Save on prescription cost with discounts coupons. Buy drugs online legally with online pharmacy {$${ order viagra super active . After ordering you will always be aware of what's going on with him.