パームヒーリング/ケーススタディ(癌)(ヒロユキ)

null

●パームヒーリング

先日はSpecial Classにてパームヒーリングの授業。
手を当てることでエネルギーを与えたり、
患部を癒していくもの。

Reikiをかつてアメリカで学んだ時に、パームヒーリングはかなりやりました。

今回は呼吸法や声によるバイブレーションなども交えながら。
指圧(ボディワーク)をして経絡を開いてからやるとかなり効果的とのこと。

気を自在に操れるようになることも極めて大事なことだと思っています。
まだまだ訓練が必要。

●テスト

本日は、レベルIIのヒーリングと望診(Diagnosis)のテスト。
たまに追試になる人が出ますが、今回は全員一発でクリア。

振り返ってみると、こちらに来てから2ヶ月で50枚のノートを4冊使いました。
かなりの知識量。
来週は1週間休みになるのできっちり復習しておかないと。

●ケーススタディ(Video Diagnosis)

今日はビデオによる望診(Diagnosis)。

講師の方が実際にカウンセリングをした癌患者の例。
乳癌の女性のケースを2人やりました。

実際にどういう食事法を提案していけばいいか
などを学んでいきます。

どういう兆候が出ていて、どういう治療を行っているから
こういう食事を、この頻度で、この分量摂取する、など
ケースごとに相当細かい食事療法の提案を学んでいくわけですが、
各ケースで共通して提案すべき基礎的なこともあります。

ざっと書いておきます。

1.ボディスクラブ

全身を温かい濡れタオルでこすること。
循環がよくなります。

2.早く寝ること

基本中の基本。
仕事を変えさせることもあるそう。
11時前までに寝るのが目安。

3.「完全な」マクロビオティック食を取ること

さすがに病気の時には、ざっくりとしたマクロビオティック食ではなく
徹底してやっていく。
基本的には、全粒穀物、豆、野菜を2品。

4.しっかり噛むこと

これも先日のブログでトモコさんが書いた通り極めて大事。

5.寝る前の3時間前に食事を終えること

これも基本。

ちなみにこれらは、病気になる前の状態でも
とても重要な生活習慣とされます。

とにもかくにも
やはりビデオでやると一気にリアリティが増します。

今日でレベルIIの望診(Diagnosis)の授業も終了。
これからは、今までの知識をどう現実世界で活かしていくかを
徹底的に学んでいくことになりそう。

明日はいよいよレベルIIの最終日。
クッキングのテストの後は、全員でパーティ用のマクロビオティック食を作り
修了パーティを行います。

————————————————————————————————————————————-

【シナジープラス マクロビオティックブログ】
――米国 クシ・インスティテュート Kushi Institute 留学体験記――

Leave a Comment


*


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Mail order Canada pharmacy tablets online. Trusted source for buy cialis online (,$ purchase cialis super active works with a drugstore. More than 30,000 medicines and health products, 100% of the goods are certified. Buy in the online pharmacies *#. order brand cialis very low prices for all drugs. Save on prescription cost with discounts coupons. Buy drugs online legally with online pharmacy {$${ order viagra super active . After ordering you will always be aware of what's going on with him.